2011年02月13日

ScanSnap S1500を導入

81plo1tpbml_aa1500_

いわゆる「自炊スキャナ」のScanSnap S1500を導入。電子書籍を自炊するため、というよりは、デザイン資料のスクラップを全て電子化するため。


iPadもkindleも所有してるので、本は全部自炊してしまうという選択肢もあるんだけど、古い人間なんで紙の書籍の存在感というか佇まいが好きなんですよね。味わい深い手触りとか、背表紙を見ることの検索能力の高さとか。なので大事な本はそのまま所有するつもりです。
それに対してデザイン資料のスクラップとかは、ファイルに分類してるけど体系立てて整理されてるわけではないので検索が難しいし、どんどん量も増えて行ってしまう。こちらに関しては全て電子化することに決めた。(とはいえこちらも紙の手触りとか印刷管理が秀逸なものは、現物を手元に置いておきたいので、全てというわけにはいかなかったが)

ScanSnap S1500はすいすい両面スキャンしてくれて気持ちよい。
紙がダブって入った際は超音波で検出してくれるので、スキャンされないページの発生は滅多なことでは起こらないように思える。
A3専用のスリーブも付属し、A4両面をA3一枚のファイルにしてくれるので、とても便利。
スキャン後にOCRをかける設定も可能。ただ白地に黒い文字部分だけの認識で、白抜き文字とかは認識しない。これは誌面の上下方向の検出でも同等のようだ。

最初はデザイン資料だけの自炊を考えていたが、他にも説明書とか規約とか、捨ててよいのかどうか迷うようなものはスキャンして捨ててしまうことにした。いつか必要になってどこにあるのか分からなくなるよりは電子化したほうが探すの楽だし、無駄なスペースも不要だし。

ScanSnap S1500はスキャナというカテゴリではあるんだけど、今までのスキャナとは全く別ものですね。スキャンするってすごく面倒な行為だったんだけど、これはボタンを押すだけで勝手にPDFファイルにまとめてくれる。連続スキャンしたものは1ファイルにしてくれてファイルの管理も楽だし。完全なペーパーレス環境は無理だけど、紙である必然性が無いものに関しては、ペーパーレスを実現させることができる予感。



Black design
http://www.blackdesign.jp/
http://www.blackdesign.jp/blog_b/



posted by PR at 23:38| 日記

2010年12月23日

資料のスクラップをデータに一元化

仕事柄、美しく撮れた写真とか、奇麗な色調のビジュアルや、整えられた文字組などの印刷物を見かけると、参考資料として保存しておきたくなってしまう。
いままでは二穴ファイルにまとめていたのだが、最近の「自炊」ブームを見るに付け、データとして一元化処理したほうが閲覧も検索も楽だなあと思い始めた。

いわゆる「自炊スキャナ」のFI-S1500の購入を考えたが、とりあえず所有しているブラザーの複合機DCP-7040のADF機能を使ってスキャンしてみることに。

冊子ではなくペラもののスキャンが多いこともあり、現時点ではDCP-7040でも、割と快適にスキャンできてる。
もちろん将来的にはFI-S1500の導入も考えたい。この機種は両面を一気にスキャンしてくれるし。

一冊の本を分解して全ページスキャン(いわゆる自炊)は、正直あまりやりたくないと思ってる。一冊の本と言う形態が好きだし。
ただ、あまり使用頻度が高くないけど所有しておきたい本、例えばアプリケーションやHTML、CSSの解説書とかは、自炊する方が良いかもね、所有する喜びとかあまり関係ない本に関しては。

Black design
http://www.blackdesign.jp/
http://www.blackdesign.jp/blog_b/



posted by PR at 01:06| 日記

2010年06月25日

積雪で作られる広告 Polo Mints: Snow Stamp

Polomintssnowstamp

In December 2009 the entire UK was covered by a fresh, white blanket of snow. To take advantage of the fresh, white snow we produced a tactical ambient idea for a fresh, white mint. A "Polo snow stamp". When stamped in thick, fresh snow it left near perfect replica of the iconic white mint.

積雪にプレスして作られたPOLOの広告。商品そのものの形ですし、清涼感みたいなシズルにも直結してて凄く良いですね。
天から降って来る雪を使うわけですから資材も無駄にせず、跡形も無く消えてしまうというのも潔い。




Black design
http://www.blackdesign.jp/
http://www.blackdesign.jp/blog/

posted by PR at 01:36| 日記

2009年08月15日

東京タワーの新ライトアップ、ダイヤモンドヴェール・スペシャルレインボー/ホワイトダイヤモンド

tower
http://www.tokyotower.co.jp/cgi-bin/reg/01_new/reg.cgi?mode=1&no=1216
東京タワーでは、12月23日に開業50周年を迎えるにあたり、開業50周年記念月間となる12月1日より、新しいライトアップをスタートさせます。
新ライトアップの名称は「ダイヤモンドヴェール」
「ダイヤモンドヴェール」を点灯した姿は、まるで「貴婦人のような」と形容される東京タワーが、
ダイヤモンドヴェールを纏っているかのような純白の輝きに包まれ、東京の夜景に新たな彩りを加えます。
デザインは、現在のライトアップをデザインした照明デザイナーの石井幹子先生です。


なんか、思ってたよりもかなりキラキラしてます。
建造物のライトアップとしては画期的なくらいの点滅。
http://jp.youtube.com/watch?v=zxEZma9VB18
http://jp.youtube.com/watch?v=UjIgEEe5wpc

どんなライトを使っているのだろう??
消費電力が気になるが、
いちおう省エネルギー型のライトアップだそうで。


Black design
http://www.blackdesign.jp/
posted by PR at 15:58| 日記

2008年08月20日

ユーロファイター・タイフーン戦闘機、英国防省が日本に「肩代わり購入」打診

75625dec.jpghttp://jp.reuters.com/article/domesticFunds/idJPnTK823052420080820
【ロンドン20日時事】英紙フィナンシャル・タイムズ(電子版)は20日までに、
英国防省が発注したものの財政難で引き取りが困難になっている戦闘機
「ユーロファイター・タイフーン」の購入を日本を含む諸外国に「肩代わり」
してもらう話し合いが行われていると報じた。
英空軍はこれまでに144機を発注したほか、88機の購入を約束しており、
キャンセルすると膨大な違約金の支払いに直面する。国防省筋によれば、
日本のほか、サウジアラビア、インドなどが関心を示しているという。


F-Xの機種選定、理想的にはF-22ラプターだけど、
アメリカは機密漏洩を恐れて日本には売らないだろうな、自業自得でもあるけど。
またアメリカに喧嘩ふっかけるわけでもなければ、
ラプターはオーバースペックとも言えるし。

そういう意味では、うまく交渉できれば美味しいかも。
違約金払うくらいなら適価で売っぱらいたい英国と、
ある程度値切れたら日本も悪くない取引。

第4.5世代機なので、やや設計が古いかな。
各国で第5世代機の開発も進んでるし、その先も見据える必要はあります。
日本で魔改造できるなら、多少はなんとかなるかもだけど、
イギリス仕様がそのまま納品されるかもしれんしなあ。

トランシェ 1 (Tranche 1)対地攻撃兵装の運用能力を持たない迎撃戦闘仕様
トランシェ 2 (Tranche 2)限定的な対地攻撃能力を有するタイプ
トランシェ 3(Tranche 3)対地攻撃能力を完全実装した生産型だが、先行きは不明。

トランシェ 3は多分ないだろうから、マルチロール機というわけにはいかないな。
でも過剰な防衛力は周辺の緊張を産むし、
攻め込まれるのを防ぐのが自衛隊の最大の義務なので、
これくらいでよいのかも。

とりあえず次につなぐ機種と考えれば、
適価で買えるなら、タイミングを考えるベターな選択となりそうです。


Black design
http://www.blackdesign.jp/

posted by PR at 23:48| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記

2007年05月27日

Vittel ×90度

5deb689f.jpg



http://vittel.jp/main.html
交通広告、Vittelのポスターのビジュアル。写真の向きを変えただけなのに、突き抜けるよな爽快感。単純なところにも真理がやどるのだなあと思い知らされました。

連貼りポスターは、千秋先輩こと玉木宏、Vittel商品大写し(背景一緒、もちろん横向き)と連続して貼られてました。


・宣伝広告デザイン:専門用語辞典
http://www.blackdesign.jp/blackhtml/dic_00.html
・宣伝広告デザイン:情報源
http://www.blackdesign.jp/blackhtml/i_1.html
グラフィックデザイン/広告業界で良く使われる情報をまとめた
宣伝広告デザイン情報源ポータルサイトです。どうぞご活用ください。
posted by PR at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年02月20日

外注先を登録ページ

Black designのサイトでは、外注先募集のページがあって、
http://www.blackdesign.jp/blackhtml/brain.html

まあ仕事が山積みってわけでもないんだけど、将来忙しくなった時のために、デザイナーとかカメラマンとかイラストレータなどにコンタクトいただく目的で設置。
これによるコンタクトは2週間に1回くらいでいい感じに機能してたんだけど、一昨日くらいからコンタクトが急増。特に何もしてないのになんでか?とアクセス解析で色々調べてみると、ここで勝手に紹介してくれてたらしい。
http://www.n-c-c.org/modules/weblinks0/
(ここに掲載された情報は各社のWebサイトから収集・引用したものです)と書いてあるので、自動収集してくれた模様。


おそらくこのリンクの恩恵で、webスカウターのポイントも【22】くらいから【36】までいきなり増えました。ありがたいことです。
posted by PR at 03:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年02月11日

気まぐれコンセプト

middle_1151317701.jpg shatsuori.jpg

バブルへGO!というホイチョイムービーのおかげで、「気まぐれコンセプト」の総集編がコンビニに置いてあった。いまだに連載してたことにびっくり。改めて読むと結構面白い。
広告業界の裏話やらヨタ話のマンガなのだが、いくつか感心してしまったネタがあるので、それを紹介してみよう。

・出張に行った時の報告書メール、打つのがめんどうな時のために、文字化け文章を持参する
・「場面でよくね」という言葉はかなり便利
・携帯留守電の伝言をシカトしたい時の言い訳は「あれ?もしかして#押さなかったんじゃありません?」
・メールをシカトしたい時の言い訳は「最近サーバの調子が悪いみたいなんですよ」
・チューリヒの0120-ハロースイスの番号は思い出せません。0120-レオパレスも。
・マンガに出てくる広告代理店の名前は必ず「電報堂」、新聞社は「毎朝新聞」
・納期に間に合わなそうなメールを打つ場合、わざと変換ミスを入れて慌てた感じを演出。
・遅刻しそうな時は化粧を全部落として、体調を悪くみせろ
・妻夫木聡が結婚すると、妻夫木夫妻で、上から読んでも下から読んでも

posted by PR at 15:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

最後の日

342279072_192.jpg 342279072_243.jpg


http://www.technobahn.com/cgi-bin/news/read2?f=200702091743

「地球最後の日」のための倉庫、ノルウェイ政府が完成予想図を公開

世界的な旱魃や気候変動、核戦争、小惑星の衝突などの地球規模の災害によって地球上の植物が絶滅することを防ぐことを目的にしてノルウェイ政府が建造を予定してきた「『地球最後の日』のための種の倉庫(doomsday valut)」スバルバード国際種保存施設(Svalbard international seed vault)の完成予想図が8日、公開された。建設費用は約500万ドル(6億円)。開設後には約300万種類の植物の種が保管される予定だ。
地上に露出しているのは倉庫の入り口部分だけで種の保管区画は地上の影響を受け難い、山の奥深くに位置する構造になる。また、保管区画と入り口との間には外気の影響を遮断するためにエアロックも装備、北極近くという自然の条件も重なって半永久的な冷蔵庫としての役割を果たすように設計されている。




うーむ、色々考えさせられるニュースだ。冷戦は終わっても局地的な大規模紛争や核戦争の不安が拭えない現代。しかしその最後の日が訪れたとしても、はたして誰が種をまくのだろうか?わずかに生き延びた人類なのか、遠い遠い未来に新しく発生した生命体なのか。
posted by PR at 00:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

第4世代移動通信システム/5Gbps

http://japan.internet.com/allnet/20070209/6.html
NTT ドコモは、2007年2月9日、第4世代移動通信システムに向けた屋外実験を2006年12月25日に行い、下り最大約 5Gbps のパケット信号伝送に成功したことを発表した。
この実験では、神奈川県横須賀市光の丘地区において、基地局装置から 100MHz の周波数帯域幅で信号を送信し、時速約 10km で走行している移動局装置で受信。受信信号の復号処理を行った結果、最大約 5Gbps のパケット信号伝送を達成していることが確認された。


うちの有線ネット接続よりも速いです。そう遠くない将来、全てのネット接続が無線化されることもありえるかもねえ。
posted by PR at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記